るいのブログ

ブログや趣味のあれこれを書きとめるブログ

【ブログはオワコン?!】ブログって本当に稼げないの?データを元に解説

タイトル(ブログはオワコン?!)

こんにちは、るいです。

「ブログはもうオワコンだ」と聞きますが、本当ですか?

今日は、こんなお悩みを解決します。

「元手なしで稼げる」っていうキャッチフレーズで、「簡単に稼げる!」と思っで始めると確かに厳しいね。

冷静に考えると、個人の力で簡単に稼げるわけないのにね。
この記事ではどうしてそういう錯覚に陥るかも含めてお話ししますね。

この記事は
  • 「ブログがオワコン」は真実か?
  • ブログが簡単に稼げると信じ込んでしまう原因
を解説しています。

「自分はアフィリエイトをしないし・・・」という方も、ブログ運営に必要な情報もあるので、ぜひ、最後まで読んでくださいね。

これからブログを始める人も、今、まさにスランプに陥っている人にもおすすめです。

この記事を書いている人
ブログ歴6ヶ月ですが、その間、SNSのインフルエンサーのツイートで情報収集していました。
特に社会人経験を活かし、本音と建て前を意識して分析しています

 

スポンサーリンク

 

 

 

スポンサーリンク

 

 

データを元にブログアフリエイトの現状を見る

データ分析

それでは、これからデータを元に色々と分析してみましょう。

分析するのは下記項目です。

分析するデータ
  1. アフィリエイターが1ヶ月で稼ぐ金額
  2. ブロガーがアフィリエイトから撤退してしまう年数

 この章でのデータ及び画像は、市場調査|アフィリエイトマーケティング協会から引用しています。

ブロガーが1ヶ月で稼ぐ金額から現状をみる

1ヶ月のアフィリエイト収入(2019年~2020年)

1ヶ月のアフィリエイト収入(2019年~2020年)

1ヶ月のアフィリエイト収入(2017年~2018年)

1ヶ月のアフィリエイト収入(2017年~2018年)

上の図を見てください。

左側が「1ヶ月の収入0円」、右側が「1ヶ月の収入100万円以上」です。

一番下が2017年で一番上が2020年の直近です。

収入がない人は、2017年が22.3%に対し、2020年には31.6%と9.3%の増加になっています。

さらに1ヶ月の収入が1,000円未満の人を合わせると、2017年が37.3%(22.3%+15%)に対し、2020年には48.2%(31.6%+16.6%)と10.9%の増加になっています。

一方で、稼いでいるはどうでしょうか。

100万円以上稼いでいる人が2017年が8.6%に対し、2020年には6.5%と2.1%の減少になっています。

100万円はちょっとデータ的に上過ぎるので、もう1ランク落として、50万以上稼いでいる人をみてみると、2017年が14.3%(5.7%+8.6%)に対し、2020年には9.5%(6.5%+3.0%)と4.8%の減少になっています。

稼げない人が増えて、稼いでいる人が減ってるのに、まだ、「ブログはオワコンじゃない!」って言っている人がいますが、どうしてですか?

そうだね。
それにおよそ半分の人が1ヶ月の収入が1,000円以下っていうのはビックリだね。

その辺の話はあとでするね。
今言えるのはこの現実を知らない人が、アフィリエイトに参入し、絶望してやめていっちゃうんだよね。

ブロガーがアフィリエイトから撤退してしまう年数から現状をみる

次のグラフは、ブロガーがアフィリエイトを始めた経過年数を表しています。

アフェリエイトを始めてからの経過年数(2019年~2020年)

アフェリエイトを始めてからの経過年数(2019年~2020年)

アフィリエイトを始めてからの経過年数(2017年~2018年)

アフィリエイトを始めてからの経過年数(2017年~2018年)

このグラフから読み取れるのは、およそ4割のブロガーがアフィリエイトから撤退していることが見て取れます。

2年未満を見ると、およそ半数もいなくなっちゃうんですね。

これを見るとかなり厳しいね。

そうなんだよね。現実は厳しいんだよね。
ちなみに3ヶ月の壁とかもあるからね。夢が大きい分、挫折感がすごいの。

この記事は、その挫折感を少しでも解消して、ブログを続けてもらいたい気持ちで書いています。

次章以降、「どうしてこんなに挫折感を味わってしまうのか」の問題点やブログを続けるコツをお話ししていきたいと思います。

スポンサーリンク

 

 

なぜ、ネットで「ブログオワコン説」否定論が多いのか?

否定論

これには2つ理由があると思います。

1つは、オワコンではないと主張している人の論点と受け手の論点が食い違っていることがあげれられます。

その辺の話は後ほどしますね。

ざっとお話しすると、上のデータのように儲かっている人はまだ儲けられるので、オワコンではないと言っているのだと思います。

確かに間違いではないのですが、「儲けやすいか?」という論点から言えば、ブログはオワコンだと思います。

今では、Googleアップデートにより、非常に儲けづらくなってしまいました。

もう1つは、そこに初心者を対象としたアフィリエイトがあるからだと思います。

この分野のアフィリエイトは、儲けやすいと思います。

今となっては、個人の強い競合がうごめきあって大変ですが、裏を返せば、儲けやすいカテゴリーだからこそ、集まってくるのだなと思います。

儲けやすい理由に、アフィリエイト相手が素人ということと、無料登録でアフィリができるので、申し込まれやすいということがあります。

ブログがオワコンって言っちゃうと、初心者さん、ブログ開設しなくなっちゃうもんね。

スポンサーリンク

 

 

挫折感を味わってしまう理由は?

なぜ、ブログオワコン説否定論が多いのか?

この章では、「どうしてこんなに挫折感を味わってしまうのか?」を解明したいと思います。

挫折感を味わってしまう理由
  1. ネットで「ブログオワコン」説否定論が多いから
  2. ネットやSNS情報を鵜呑みにしてしまうから

挫折感を味わってしまう理由①
ネットで「ブログオワコン」説否定論が多いから

ネットで、「ブログ・オワコン」で調べてみてください。

ほとんどが、否定論です。

「まだまだ稼げる!」

「自分は、月100万円以上稼げているのが証明だ!」

と、こんな感じです。

この情報を見て、初心者はついつい参入してしまいます。

でも、一旦立ち止まって下さい。

前章で見てもらったデータでもわかるように、儲かっている人はほんの一部です。

大学受験で言えば、一流大学合格率くらいでしょうか。

新規参入のみなさんは、まだ受験勉強もしていない状態なので、一流大学に受かるはずありません。

受験でも3年かかります。

「受験じゃないし・・・。」という反論もあると思うので、今度は仕事を例にとってみましょう。

新入社員で入ってきたばかりの右も左もわからない新人がいきなり稼げるなんてありませんよね。

ましては、会社員なら、会社の看板を背負っているので、3ヶ月で稼げるようになる人もいますが、アフィリエイトは、会社の看板を背負っていません。

冷静に考えれば、わかりきっていることなのに、みなさん、「記事を書けば、すぐ稼げる」って幻想を抱き、挫折していきます。

じゃあ、「ブログオワコン」否定説って間違っているんですね。

それがそうとも言えないんだよね。
事実、否定説を唱えている人は稼いでいるからね。

問題は、オワコンなのかオワコンじゃないのかじゃなくて、視点が違い過ぎることなんだよね。

そう視点が違い過ぎるのです。

ブログオワコン説否定論者稼げてるからまだまだオワコンじゃないよ。
自分が証明してるでしょ?
(心の声:まあ、儲けてるのはほんの一握りだけどね。努力しての話だけどね。当たり前だよね)

この心の声が、初心者には聞こえません。

初心者に聞こえるのは、「誰でも簡単に稼げるんだ~。」といううわべだけなんです。

特にそう感じさせるのは、一部の人が、「ブログを始めたら、人生変わった。遊んでいてもお金が入る。」という触れ込みをしているからだと思います。

初心者は経験がない分、どうしても気軽に考え行動し、その結果、挫折が大きくなってしまいます。

ひと昔前までは、それこそブログを開設するとそこそこ稼げたそうです。

ただ、今はGoogleのアップデートにより、そんな時代は終わりました。

「誰でもそこそこ稼げる」前提ではないという意味で、「ブログオワコン説」は合っているなと思っています。

挫折感を味わってしまう理由②
ネットやSNS情報を鵜呑みにしてしまうから

ネットやSNS情報を鵜呑みにしてしまう人は挫折感を味わってしまうと思います。

ネットやSNSで輝かしい実績をお持ちの方は、3通りいます。

  • 天才肌
  • 初心者といいつつ経験ありの人
  • 本当は儲かってないもしくは儲かってはいるけど事実とは違う人

 

結構、辛辣だね・・・。

自分自身で情報を精査してもらいたいので、今回は本音ぶっちゃけちゃおうと思ってます。

天才肌

天才肌の人ももちろんいます。

ただすごく、陰で努力していると思います。

いくら天才肌とは言え、そんな簡単に結果を残せる世界ではありません。

初心者といいつつ経験ありの人

こういう人は結構います。

「3ヶ月(6ヶ月)やっていたことあるけど、ほとんど初心者と同じだよ。」って言う人多いです。

でも、自分が3ヶ月、6ヶ月やってみたください。純粋な初心者ではありません。

もし、3ヶ月~6ヶ月やっていて、始めたばかりの知識しか持っていなかったら、それはそれで問題かもしれませんね(そんな人はいないと思います。)

この少しの差でも、初心者とは全然違うんです。

成長しています。

こういう人と自分を比べて挫折するのはもったいないから、本当にやめてね。

本当は儲かっていないもしくは儲かっているけど事実とは違う人 

これ、言っちゃって大丈夫?クレーム来ない?

これクレーム来たら、その人認めちゃったことになっちゃうね。

こういう人がいるのもしょうがないと思います。

どこにでもいるので。

ここで問題視したいのは、そういう人を見て、挫折しないでほしいということだけです。

また、SNSなどでは、そういう人を崇拝している人がいますが、崇拝する前にその人が本当に崇拝できる人かどうか、一旦、立ち止まて下さいね。

なんかわかりづらいのですが?

だよね。ちょっと説明不足だね。

じゃあ、ほんの一例をあげるね。

あるワードで検索すると、下記検索結果がでます。

Google検索結果

うわ。黒塗りばかりだね。

一応ね。見てもらいたいのは、「ドメイントラフィック」ってところなの。

上が検索1位の人のドメイントラフィックで、下が2位の人のものです。

両者ともSNS上で、Google対策を発信してくれている人です。

その情報自体は正しいと思います。

確かに稼いでいる方です。

じゃあ、何が問題なんですか?

検索2位の人は本当にGoogle対策で成功してその実績をあげているのかどうかは、不明瞭なんですよね。

だって、ドメイントラフィックが低すぎませんか?

ドメイントラッフィックは実数字と乖離があるとも言われていますが、それにしても1位との差があり過ぎです。

相当、クリック率良くない限り、そんなにもうけられない気がします。

このことから、私は、Google対策ではなく、むしろその発信源SNSで儲けている人だと思っています。

それでも儲けていることには間違いないので問題ないですよね。

う~ん。冷静に考えると違うかな。
その人が儲けているのはSNSであって、Google経由じゃないよね。

そう、そこなの!
「Google経由で儲けていない人の話で、Google対策頑張って結果が出なくても落ち込まないで!」ってことなの。

そうだね。参考にするなら、実績を出している収入源の話を参考にするべきだよね。

スポンサーリンク

 

 

まとめ:ブログはもともと厳しい世界(すぐに結果がでなくて当たり前)

f:id:posiblo:20200913183219p:plain

アフィリエイトはもともと難しい世界です。

見出しで、「アフィリエイト」ではなくあえて、「ブログ」と言ったのは、日記ブログや育児や食事なのの情報発信ブログも例外ではないと意味で「ブログ」と言いました。

アフィリエイトをしない人も、検索上位に入らないと、ブログを見てくれる人がいません。

もちろんSNSやはてなブログなどの発信で見てもらえるかもしれませんが、より多くの人に見てもらいたいと考えているのなら、アフィリエイトと同じくらいのGoogle対策が必要です。

アフィリエイトをする人は、その上に、商品を買ってもらえるセールスが必要になってくるね。

次回は、アフィリエイトしない人もGoogle上位表示するまでの対策が必要かも含めてお話ししますね。

 

🌻応援よろしくお願い致します🌻